経理業務の大部分は仕訳作業と言っても過言ではありません。
その仕訳作業が自動でできれば経理業務はより楽になります。
また、データの自動取得・自動仕訳ができない時でも、手動入力が簡単に早くできれば、よりいっそう経理業務は楽になります。

このページではMFクラウドの仕訳機能について経理実務を交えて詳しく解説いたします。

ログイン直後の画面

MFクラウドにログインした画面

MFクラウドにログインするとまずは上記の画面になります。
画面上部に連携している金融機関などの情報が表示されます。
銀行については連携していない機関(ネットバンクではない銀行)の名前も表示される仕様です。
追記:非表示にできます。
「データ連携」→「登録済一覧」→「連携データの選択」で、非表示にしたい銀行のチェックマークをはずすだけです。

上記画面の場合、ネットバンクで2件、クレジットカード(アメリカン・エキスプレスカード)で2件の仕訳をしていない取引がある状態です。

MFクラウドは大きくわけて「自動で仕訳」「手動で仕訳」の2つの仕訳方法があります。

自動で仕訳

自動で仕訳は「連携サービスから仕訳」「他のMFクラウドソフトから仕訳」の2パターンあります。

自動入力の種類

MFクラウドのメニューの「自動で仕訳」にマウスを乗せるとこのように表示されます。
上記の「請求書から入力」「給与から入力」は、それぞれMFクラウド請求書とMFクラウド給与のデータを仕訳するものです。

連携サービスから入力

銀行やクレジットカード、電子マネー、アマゾンなどの通販サイト、Airレジなどのレジシステム、その他MFクラウドと連携してデータを自動取得できるサービスの仕訳を行います。

自動取得後、自動で勘定科目が付けられた状態

これが自動仕訳の画面です。
銀行2件、クレジットカード2件の取引データを自動取得して未仕訳の状態です。

勘定科目は基本的に自動で付きます。
会計ソフトでの仕訳作業は、勘定科目を付けて金額を入力する作業なので、勘定科目が自動で付けられれば、業務は楽になります。

自動でデータが取得できる提携先については別の記事でまとめております。

クラウド会計ソフト3社のデータ自動取得ができる提携数の比較

勘定科目や摘要は一度入力すればOK

一度発生したことがある取引の場合、勘定科目が自動で入力されます。

摘要欄は自動で取得したデータが記入されますが、過去に自分で付けた摘要があればそちらが優先されます。
例えば1行目ですが、取得したもとのデータは「振込 カ)エービーシー」ですが、
後で見た時に何の代金かわかりやすいように、「振込 カ)エービーシー XYZ」と自分で記入しました。
(株式会社ABCがXYZという商品を売っているとした例です)

アマゾンの様に複数の商品を扱っている場合、摘要欄に商品まで書くのは現実的ではありませんが、1年更新のものなどではこのようにしてます。

補助科目を設定している取引なら補助科目も自動で付きます

MFクラウドが勘定科目を自動提案

初めての取引でもMFクラウドが勘定科目を自動で提案してくれます。

4行目のPayPalの取引の勘定科目に雲のマーク自動提案の勘定科目が付いていますが、
これがMFクラウドの自動提案です。

勘定科目の自動提案はクラウドのデータベースを参考にして付けられています。
クラウド型会計ソフトならではの便利な機能です。

一括登録も可能

自動で付けられた勘定科目と摘要を確認後、右側にある登録ボタンをクリックすれば仕訳は完了です。

一括仕訳登録

取引がたくさんある場合は、左上のチェックボックスを使って、全取引にチェックを付けてから一括登録をクリックすれば、複数件の仕訳が一瞬で終わります

私は仕訳登録を頻繁にしているので、あまり一括仕訳登録は使わないのですが、
あえてしばらくMFクラウドに触らずに久々に一括仕訳登録をしてみたところ、
15個の仕訳登録が4.91秒で終わりました。

MFクラウド請求書や給与などの他のMFクラウドソフトから仕訳

MFクラウドでは請求書作成ソフトや給与計算ソフトもあります。
それらのソフトとMFクラウド会計・確定申告を連携すると、自動でデータを取得して簡単に仕訳業務を行うことが可能です。

例えば、MFクラウド請求書で得意先の請求書を作成すれば自動的に売上高と売掛金の仕訳がされますし、MFクラウド給与で給与計算をすれば自動的に給与や所得税、住民税の仕訳が行われます。

MFクラウド会計・確定申告とMFクラウド請求書、MFクラウド給与との連携については、それぞれのソフトについて別の記事に詳しくまとめる予定です。

給与計算ソフトMFクラウド給与を使った給与計算とその後の仕訳

わずか9クリック!MFクラウドでの請求書の作り方と送り方とその後の仕訳

手動で仕訳

実際にMFクラウドを使っていると9割以上は自動で仕訳で済んでしまうので手動で仕訳を使うことはほとんど無いのですが、それでも月に何回かは使っています。

特に現金を使った場合は自動仕訳はできないので手動で仕訳をする必要がでてきます。

手動仕訳の種類

MFクラウドの手動での仕訳方法は4つあります。

  • 振替伝票入力
  • 簡単入力
  • 仕訳入力
  • 取引から入力

各入力方法を説明するにあたり、下記の取引例の仕訳をそれぞれの入力で行ってみました。

ー取引例ー
取引日:10月17日
横浜銀行の普通預金口座に預金の利息26円が振り込まれた。
アマゾンで書籍1,000円をクレジットカード(AMEX)で購入した。
現金で電車賃200円を支払った。
(※利息は受取と同時に税金が引かれますが便宜上今回は無視します)

それではひとつずつ説明していきます。

振替伝票入力

まずは経理の基本との言える振替伝票入力。

振替伝票

最初は1行しかありませんが、同日の取引でしたらまとめて記帳します。
「+行追加」をクリックすると行が追加されます。

振替伝票入力した状態

上記の取引例を仕訳してみた結果がこちらです。
借方貸方のそれぞれの合計金額が表示されて一致していないと登録ができないので経理ミスが減ります。

画面上部に「仕訳辞書」というものがあります。
これは仕訳のテンプレートです。
決まったパターンの仕訳が多い場合は仕訳辞書に登録しておくと便利です。
私の場合は電車賃の精算用の仕訳を辞書登録しています。

電車賃の場合は金額が毎回違ったりするので、金額は入れ直しますが、金額も同じ取引が定期的にあるなら日付だけ入れれば仕訳が完了します。

例えば、定期的に決まった場所でミーティングがあるのでしたら金額もそのままでいいのでぜひ辞書登録しておきましょう。

簡単入力

簡単入力は取引を簡単に仕訳登録できる入力形式です。
振替伝票入力に慣れるとどこが簡単なのかわかりにくいのですが、取引を時系列で考えながら入力できる点はわかりやすいです。

また、勘定科目の選択欄も必要なものだけ出てくるので、経理業務に慣れていない方にもわかりやすいです。
必要な勘定科目が見当たらない場合は自分で追加できますし使わない科目は削除できます。

簡単入力1

簡単入力2

簡単入力3

上記取引例を仕訳入力してみました。

簡単入力はひとつずつ入力します。複数の取引を一度に入力することはできません。

先程「時系列で考えられる」と申しましたので、3つ目の仕訳(交通費精算)の場合で説明します。

1.取引の種類を選択
まずその取引によってお金(資産)が増えたのか減ったのかを考えます。
電車賃を払ったので減ったと言えます。

次に支払い方法(増減した資産の勘定科目)を選択します。
現金なら現金、預金口座が減る取引なら預金、クレジットカード払いならその他を選択します。この場合は現金で支払ったので現金にチェックマークを付けます。

2.取引の内容と金額を入力
電車賃は旅費交通費なのでプルダウンで旅費交通費を選択します。
金額は200円だったので200と入力します。

3.日付を選択
電車賃を払ったのは10月17日なのでその日をカレンダーで選択します。
実現済みの取引なので実現済みにチェックマークを付けます。

4.摘要欄に入力
経費精算の摘要欄は一般的に支払った相手を記入します。

余談になりますが私の場合、電車賃については摘要欄に「◯◯駅→▲▲駅 往復」などといったように記入してます。
電車は乗り継ぎがある場合は複数の鉄道会社にまたがっているのでそのように書いてます。
摘要というのは法律などのルールで書くべきことが決まっているものではありませんので、私の場合は後で見た時に取引の内容がわかりやすいことを優先して記帳しています。

このように簡単に仕訳が入力できます……と説明してますが、やっぱり慣れてるなら振替伝票入力の方が簡単だなと思ってます。個人的にですが。

仕訳帳入力

ダイレクトに仕訳帳に入力する方法です。

これまで説明した入力方法は、「自動で仕訳」も含めて全て登録をクリックして取引を仕訳帳に記入するといったものでしたが、仕訳帳入力は取引を直接入力します。

登録するためのボタンすらありません。記入したものが瞬時に仕訳帳に入力されていきます。

従来の会計ソフトでは(専門の経理担当者がいるような会社の場合)仕訳帳入力が一番使われていた機能かもしれません。
それくらい経理業務に慣れた人にとっては使い勝手の良い入力方法です。
ベテランの経理の人は、この入力方法で鬼のように早く入力します。

ただし、経理が本業ではない私はこの入力方法は使いません。いえ、使いこなせません。

仕訳帳入力

上記取引例を仕分けしたものがこちらです。

最速を目指せるようにマウスは使わずにキーボードだけでガシガシと入力できるようになっています。
また、摘要以外は日本語入力をする必要もありません。
現金の科目を出したい場合は、genkinとローマ字で勘定科目を打つと候補の勘定科目が出てきます。
しかも、前方一致で候補が出てきますので現金の場合はgと打っただけで表示されます。

仕訳辞書(テンプレート)が使える

仕訳帳入力でもこのように仕訳辞書が使えます。

クラウド型の会計ソフトでの懸念点のひとつでもあるレスポンス(入力してから反映されるまでの時間)ですが、まったくタイムラグが感じられません。
入力した瞬間にクラウドにデータが反映されているかのようです。
感覚的にはパソコンにインストールするタイプの会計ソフトと変わりありません

・・・と、さきほどから最速最速と言ってますが、データを自動取得して一括仕訳登録の方が早いです。
職人技がクラウドに食われてしまった例ですね……

取引から入力(売上高と仕入れ専用の仕訳)

これは特殊な入力方法です。私はMFクラウドを3年以上使っているのですが、この画面は今回初めて開きました。

ここで言う「取引」とは売上と仕入れのことです。
通常の経理での取引という言葉とは違う意味で使われています。
経理では電車の切符を買うことも、災害で在庫がロスするのも取引です。

取引から入力については、あらかじめ取引先の設定で取引先名と勘定科目を設定した相手でのみ使えます

取引日と取引先名を選択して取引内容と金額を入力、支払期限とステータスを選択して登録します。

取引から入力1

登録するとこのようになります。
入力画面の取引内容が摘要になるようなので売上高と入力したのは間違いです。

取引から入力2

仕訳帳を確認するとこのようになっています。
支払期限とステータスが他と連動しないようです。
収金済であるならば、売掛金を現金に振り返る仕訳が自動でできてもいいのにな…と思いました。

このように「取引から入力」イマイチわかりにくい入力方法です。

MFクラウドの仕訳機能まとめ

MFクラウドの仕訳機能については以上です。

経理業務の大部分を占める仕訳作業ですが、MFクラウドはデータの自動取得提携数が多いので、その分仕訳作業は楽に早くできます

自動取得できないタイプの仕訳についても、初心者の方なら簡単入力、そこそこ慣れているのであれば振替伝票、ベテランの方なら仕訳帳入力といったように入力形式も複数あるので、どのレベルの方であっても使いやすい会計ソフトです。